ロベルト・ロペス・カジャオ。 『花の守り人』著者インタビュー

ロベルト・ロペス・カジャオがインタビューに答えてくれました

写真: Roberto López Cagiao、著者のウェブサイト。

ロベルト・ロペス・カジャオ 彼は 1976 年にバニョブレ (ラ コルーニャ) で生まれました。教育科学を卒業し、若い頃は次の分野に進みました。 ロックミュージック そしてTrashnosというグループで数枚のアルバムをレコーディングしました。 私は結局その作品から離れることになり、2019 年に彼はすでに成功をもたらした物語の最初のタイトルを出版しました。 花の守護者。 彼と一緒に彼は勝った 赤丸賞 最優秀ミステリー小説賞に。 この中で インタビュー 彼は、自分のキャリア、仕事、そして現在の出版シーンについての考えについて、すべてを語ってくれました。 あなた 私は本当に感謝しています 私を助けるためにあなたの時間と優しさ。

ロベルト・ロペス・カジャオ。 建設現場

の物語 花の守護者、主演 パオラ・ゴメス警部 とその仲間たちで構成されています。 9タイトル:

  • I. 花の守護者
  • II. 運命の石
  • Ⅲ. 北のロードキラー
  • IV. 人々の法律
  • V. アザバチェ ノートブック
  • 見た。 巡礼者の聖母
  • VII. ザンチョスの呪い
  • Ⅷ. オゾンのレタリング
  • IX. 日没

そして彼はまた、 の謎 フェロルテッラ 前のものと接続しており、以下で構成されています 権利を剥奪された, 炎の中で y フェロルテッラの悪魔祓い.

ロベルト・ロペス・カジャオ。 インタビュー

  • 文学の流れ: の物語 花の守護者, フェロルテラの謎…ジャンルの混合とシリーズへの愛、またはそれらを書く他の理由はありますか?

ロベルト・ロペス・カジャオ:書くことの喜び、物事を伝え、ガリシアの伝説を混ぜ合わせたいという欲求以上に大きな理由はありませんでした。偶然が私にそれを犯罪とミステリーで偽装することを望んでいたのですが、それは人生を与えるための言い訳にすぎませんでした。感情を持ち、一冊ごとに進化していく登場人物たち。 

  • AL:最初に読んだ本に戻ることはできますか? そして、あなたが書いた最初の話は?

RLC: 私が最初に読んだ本は モモ、XNUMX年間、私がまだ持っているエディション。 完全に理解できないこともたくさんありましたが、とても気に入りました。 そして、私が学校でクラスメートのために書いた最初の物語は、 少年たちの冒険

  • AL: ヘッドライター? 複数、全時代からお選びいただけます。 

RC: もちろんです。 フアン・マルセー彼のバルセロナと人生に対する見方は私に印象を残しました。 そして、私の本は彼のものとは何の関係もありませんが、彼は私の偉大なアイドルであり、言葉を物語に変えることがどれほど美しいかを私に教えてくれた人でした。 

  • 本の中のどのキャラクターに会って作りたいと思いますか? 

RLC: ピジョアパルテ de テレサとの最後の午後. ラスコーリニコフ de 罪と罰、とりわけ。 

  • AL:書くことや読むことに関して、特別な習慣や習慣はありますか? 

RLC: それほど多くはありません。 私は書きます ほぼいつも一緒 y ヘビー バックグラウンドで、眠りにつく前にその日に書いたものをすべて読みます。 ために 読む 何もありません、ただ私が好むのは 役割

  • AL:それをするのに好きな場所と時間は? 

RLC: 私の居場所は 私の家、バニョブレ、海と海岸に打ち寄せる波を眺めていますが、最近は空港、駅、カフェテリアで執筆しています。 そして、どこでも読むことができます。 

  • AL:他に好きなジャンルはありますか? 

RLC: 小説 コンテンポラリー歴史的。 私もよく読みます ガレゴ

  • AL:今何を読んでいますか? そして書く?

RLC: 私は登場人物がア・コルーニャからテネリフェ島を経由してバルセロナまで旅する新しい本を書いているのですが、 青い火、の ペドロ・フェイホー、そして、 美しさは死んではいけない、メルセデス・コルビヨン著。 

現在の見通し

  • AL:出版シーンはどうだと思いますか?

RLC: 出版界は変わりつつありますが、作家が最後になるという独占モデルは、出版界にとっても変化する方が良いのです…。 消滅させるべきだ。 私には魔法の公式はありませんが、その分布が悪いということには誰もが同意するでしょう。 作家が書かなければ本は終わりだ、残りはすべて比較的消耗品です。 では、なぜ作成者はより少ない部分を保持するのでしょうか? なぜ私たちの多くが選択するのだと思いますか 独立した出版社 他の種類の取引との関係は? 未来はそこにあり、変化は起こらなければならないからです。 

  • AL: 私たちが生きているこの瞬間、どうやって過ごしていますか? 文化面でも社会面でもポジティブなものを持ち続けることができますか?

RLC: 社会的野心 私はいつも手を貸してくれる素晴らしい人々の中で暮らしています。 私は良いものを保ちます, ポジティブ。 悪い面も存在しますが、それはそれほど重要視されるべきではありません。 文化面では、他の国、そしてガリシアでもスペインの他の地域と同じようになるには、まだまだ長い道のりがありますが、多くの人々がそのために一生懸命働いていることを私は知っています。 文化は人間にとってなくてはならないものであり、それなしでは生きていくことはできません。 


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。