XNUMX回目のAlhóndigaBilbao奨学金の勝者はすでにいます

起業家:

AlhondigaBilbao は、第40回AlhóndigaBilbaoコミック奨学金の受賞者の名前を発表しました。 これは、ア・コルーニャ出身の若いガリシア人、マーティン・ロメロです。彼は、他のXNUMX人とともに、アルホンディガコミク奨学金(州のコミックシーンで最も権威のある包括的な奨学金のXNUMXつ)のこの第XNUMX版に参加しました。

この奨学金は、コミックやその他の視聴覚芸術(アニメーション映画、ビデオゲームなど)を専門とする、フランスにある国際的に有名な名声の中心であるアングレームの「La MaisondesAuteurs」と共同でXNUMX年連続で授与されます。 。)そして、それは彼ら自身のプロジェクトを実行することを目的として、それが創造のための好ましい労働条件を提供する著者を歓迎します。

この奨学金は、AlhóndigaBilbaoがコミックを宣伝するために実施しているさまざまなイニシアチブの一部です。 このように、未来のレジャー文化センターは、コミックの作成を促進し、この文学分野での新しい才能の出現を促進することを目的とした、このジャンルのリソースセンターになります。

このイニシアチブは、創造を促進し、コミックの分野で新しい才能の出現を促進することを目的としています。 この目的のために、AlhóndigaBilbaoは、その芸術的価値と革新的な性格のために選択されたプロジェクトの実現に資金を提供します。

CatalanClara-TanitArquéは昨年の奨学金の受賞者であり、今年はLa Casa losAutoresの施設で独自のコミックプロジェクトを開発することができました。

AlhóndigaBilbaoによるこのイニシアチブは、コミックに関連するイニシアチブと現在活況を呈しているその他の視聴覚トレンドの両方を促進するために「CitéInternationaledelaBandedessinéeetdel´image」と署名した広範なコラボレーション契約の一部です。

勝者
マルティン・ロメロ(ア・コルーニャ1981)

彼が同様のプロジェクトに直面したのはこれが初めてです。 約1年前、同人誌カベズドの最初の漫画を制作し、人生に欠かせないものと考えるまで、少しずつ媒体の可能性と味を発見しました。 この間、彼自身が漫画を読み、分析し、作成したおかげで、彼は自分のプロジェクトで実践することを楽しみにしている多くのことを学びました。

マルティンロメロは、バルセロナのエスコマサナでイラストレーションのハイサイクルを、ルーゴのファルコンアートスクールで広告グラフィックのハイサイクルを完了しました。 彼の最新の賞の中で、1等賞のGZCreaCómic(2008)と1等賞のCómicdeReus(2008)を強調する必要があります。 彼の出版物には、The New Raemon(B-core / Cydonia)や、同人誌、「Sick Fanzine」、「Gagarin」、Infernalia、「Smile」、「Lunettes」などのさまざまな定期的なコラボレーションが含まれます。

奨学金の寄付
AlhóndigaBilbao-Cómic奨学金には以下が含まれます。
•最大XNUMXか月間の個々のアパートでの宿泊(仲間に代わって電気、ガス、水道)。
•LaMaison desAuteursの機器とすべてのサービスへのアクセス。
•最大XNUMX年間、月額XNUMXユーロ。
•AlhóndigaBilbaoは、単独で、または専門の出版社と協力して、奨学金の終了の翌年にプロジェクトを出版する可能性を検討します。 出版物が作成された場合、バスク語とスペイン語になります。

裁判官

選考を行った審査員は、漫画家、脚本家、この分野で認められた名声の専門評論家で構成され、2008年の全国コミック賞を受賞したパコロカが議長を務め、その一部となっています。フアン・マヌエル・ディアス・デ・ゲレヌ、パコ・カマラサ、ホセ・イバローラ、アントニオ・アルタリバ。

アングレームの「LaMaisondesAuteurs」

1974年の最初の国際コミックフェスティバルの創設以来、アングレームは第9回芸術の首都としての地位を確立してきました。 このイベントの過程で、さまざまな構造(国立コミックストリップセンター、アニメーション映画の貿易学校)が、都市とその地域の永続的なダイナミクスの出現を支持してきました。
アングレーム在住のイメージクリエーターやアングレームへの定住を希望するイメージクリエーターを具体的にサポートするため、2002年XNUMX月にオープンした「La MaisondesAuteurs」を制作。

「LaMaisondes Auteurs」の目的は次のとおりです。
•作成に役立つ作業条件を提供し、作成者がその中で専門的なプロジェクトを実行することを歓迎します。
•展示会やイベントを通じて、コミック、アニメーション映画、マルチメディアの分野での創造のショーケースを紹介します。
•技術およびドキュメンタリーリソースのセンターを提案します。
•会議や交流の場を作る。
•芸術的創造の分野で著者の法令を保護し、知的財産を守るのを助けます。

2002年の開館以来、House of Authorsは、フランスやその他の国から、新人と専門家の両方でXNUMX人以上の作家を迎え、コミックやグラフィックストーリーテリングに関連するプロジェクトを開発してきました。 その中でも特に際立っているのは、ケベック出身のジミー・ボーリュー、アメリカ人のリチャード・マグワイアとジミー・ジョンソン、またはロシアのニコライ・マスロフです。 これらすべての作者は、画像を作成するために必要な資料(コンピューターステーション、製図板、スキャナーなど)を備えた、個人または集団のワークショップからの無料の機器フレームワークの恩恵を受けています。

奨学金の受給者は、コンピューターや複写室、ドキュメンテーション室、展示会、会議室などの共有スペースも利用できます。

XNUMX回目のAlhóndigaBilbao奨学金


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。