テレサ・オールド。 『すべてを知りたがる少女』作者インタビュー

作家でコミュニケーターの Teresa Viejo に最新作について話を聞きました。

写真:テレサ・ビエホ。 Communication Ingenuity 提供。

A テレサ・ヴィエージョ 彼女はプロとしてのキャリアでよく知られています ジャーナリスト、しかしそれはまた 作家 職業。 彼は、ラジオ、テレビ、読者との関係、その他のワークショップやトークの間に時間を費やしています。 さらに、彼女は親善大使です ユニセフ および交通被害者のための財団。 などのタイトルのエッセイや小説を書いている。 雨が降っている間 o 水の記憶、とりわけ、そして現在提示している 全てを知りたがる少女。 この中で インタビュー 彼は彼女と他のトピックについて教えてくれます。 ご清聴ありがとうございました。

Teresa Viejo — インタビュー

  • LITERATURE CURRENT:あなたの最新の小説のタイトルは 全てを知りたがる少女。 それについて何を教えてくれますか、そしてそのアイデアはどこから来たのですか?

テレサ・オールド: すべてを知りたがった少女は小説ではなく、 好奇心にまつわるノンフィクション、私が近年専門に研究している要塞であり、 その利点を宣伝し、その使用を促進する 会議やトレーニングで。 この本は、私に大きな喜びを与えてくれるプロセスの一部です。 私の博士論文 この研究をサポートするために。 

  • AL:最初に読んだ本に戻ることはできますか? そして、あなたが書いた最初の話は?

TV: のサガのコピーだと思います XNUMX、イーニッド・ブライトン著。 私も特に覚えています ポリアンナ、Eleanor H. Porterによる、キャラクターが経験していた困難にもかかわらず、彼女の幸せな哲学が私を大いにマークしたからです. その後、時間が経つにつれて、私が現在実践しているポジティブ心理学の種がそこにあることに気づきました。 その頃 ミステリー小説を書き始めました、 XNUMX、XNUMX歳の少女にとってはあまり普通ではないように見えましたが、フアン・ルルフォが言ったように、「私たちはいつも読みたい本を書きます」. 

  • AL: ヘッドライター? 複数、全時代からお選びいただけます。 

テレビ: ペドロ・パラモ、J. Rulfo 著は、私がいつも読み返す本です。 著者は、その複雑さにおいて並外れた存在であるように私には思えます。 私は愛してる ガルシア・マルケス、エルネスト・サバト、エレナ・ギャロ; ブームの小説家は、私が読者として成長するのを助けてくれました。 の詩 ペドロサリナス 彼らはいつも私に同行します。 性別は違うが、彼にとっては現代的だった。 ダフネ·デュ·モーリア、そのプロットは最初から私を誘惑します。これは、あなたが人気を博し、非常にうまく書くことができる良い例です。 そして私はお勧めします オルガ・トカルチュク 似たようなものとして、ノーベル賞受賞者の本がすぐに魅了されます。 エドガー・アラン・ポー 古典と現代のジョイス・キャロル・オーツの間。 

  • AL:本の中でどのキャラクターに会って作成したいと思いますか? 

TV: キャラクター以上に、私は好きだった Daphne du Maurier の小説の設定のいずれかにアクセスします:レベッカの家、ジャマイカの旅館、いとこのレイチェルが住む農場...

  • AL:書くことや読むことに関して、特別な習慣や習慣はありますか? 

テレビ: うわー、 とてもたくさん! それぞれの小説にはその香りの範囲があるので、 香りのするろうそくや芳香剤で書かなければならない 私の周り。 事務所の中で 昔の写真でキャラクターの雰囲気を作っています: 彼らが使用するファブリックとドレス、プロットが行われる家、それぞれの家具と私物、場所の風景... あるアクションが実際の設定で都市で行われる場合、物語が展開する当時の様子を説明する地図を見つける必要があります。 建物の写真やその後のリフォームなど。 

例として、XNUMX 番目の小説を書いているときに、 時間は私たちを見つけるかもしれません、採用 メキシコのイディオム キャラクターにそれらを与えるために、私はメキシコ料理に慣れ、その文化に没頭しました. 私は通常、小説を書くことは旅だと言います。時間の中で、私たち自身の記憶と集合的な記憶への旅です。 私たち一人一人が一生に一度はお互いに贈り合うべき贈り物です。 

  • AL:それをするのに好きな場所と時間は? 

テレビ: 私のオフィスでは、たくさんの 日光、そして私は書くことを好みます 昼間. 午後遅くよりも午前中の方が良い。 

  • AL:他に好きなジャンルはありますか? 

TV: 一般的に、私はソープ オペラが好きです。 、しかし、それはストリークも通過します。 例えば、 ここ数年はノンフィクションをよく読む: 神経科学、心理学、占星術、リーダーシップ、個人の成長…そして、私の読書の中には、スピリチュアリティに関するテキストが常に忍び込んでいます. 

  • AL:今何を読んでいますか? そして書く?

TV: 同時に数冊の本を組み合わせることがよくあります。 旅行用スーツケースに小説を入れました ハムネット、マギー・オファレル著、および 空は青、地球は白、川上ひろみ著(ちなみに楽しい本)、エッセイ もう一度考えてみてアダム・グラント 関係性がある、ケネス・ゲルゲンと 喜びの力、FrédérichLenoirによる(彼の反射はかなり共鳴します). そしてちょうど今日、キャロル・オーツの『Blonde』を受け取りましたが、1.000 ページ近くあるので時間が必要です。 

書くことに関しては、私は 物語を終える 私が依頼されたこと コンパイルのために. と、頭の中で小説がぐるぐる回ります。 

  • AL: 出版シーンはどのようなもので、出版しようと思ったきっかけは何だと思いますか?

TV: 実は、何と答えていいのかよくわかりません。 私にとっての執筆と出版はリンクしています. 私は 2000 年に最初の本を出版しましたが、それは出版社との会話の結果でした。 私は常に編集者と流動的な連絡を取り合っており、彼らの仕事と貢献を高く評価しているため、最終的な結果は通常、作成プロセス中のいくつかのビューの合計になります. 

  • AL: 私たちが経験している危機の瞬間は、あなたにとって難しいものですか?それとも、将来の物語のために何かポジティブなものを保つことができますか?

テレビ:どの時代にも危機、戦争、幽霊があり、人間はそれらを管理することを学ばなければなりません. 私たちがいるシナリオの難しさを否定することは不可能です。 しかし、他の歴史的分岐点について書くときは、相対化して理解するのに役立ちます. 内戦中に正常性を見つけようとしている祖父母の苦痛を想像することはできません.子供たちは学校に行き、人々は外出し、コーヒーショップに行き、恋に落ち、結婚しました. 現在、若者は経済的な理由で移住し、1939 年には政治的な理由で逃亡しました。 いくつかの事実は危険なほど近いので、 私たちが経験していることを理解するには、最近の歴史を読む必要があります.  


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。