カルマチャパロの2017年春小説賞

本日、24月XNUMX日、陪審員の決定が出され、勝者は カルメンチャパロ、彼と一緒にやった人 2017年春小説賞 彼の仕事で 「私は怪物ではない」、これまでの彼の最初で唯一の小説。 この賞とブログは、ほぼ間違いなく、これよりもはるかに多くの本を書き、出版し続けることを奨励します。

あなたがそれを知らないならば、Primavera de Novela Award、 100.000ユーロを寄付は、スペイン語で最も権威のある言語のXNUMXつであり、毎年、 エディトリアルエスパサ y 「文化の範囲」 デルコルテイングレスは、彼らが言うように、文学の創造を支援し、私たちの時代の芸術的表現の形として小説の最大の普及に貢献します。 その初版は1997年であり、これまで毎年、宗教的に充実し、年々統合され、ますます多くの参加者がありました。 今年、彼らは 1125カ国からの合計37作品。 538の小説を持つスペインがリストのトップにあり、最も参加した自治州は130の作品でマドリードであり、93でアンダルシアがそれに続きます。

El ry審員 カルマ・リエラが議長を務め、アントニオ・ソレル、ラモン・ペルナス、フェルナンド・ロドリゲス・ラフエンテ、アナ・ロサ・センプルンが作曲しました。彼らは昨日マドリードで開催された昼食会で、今年の受賞作品は«私はモンスターではありません» とその作者カルマチャパロ。 陪審員は、判決後、私たちが前にいることを認めました 「事件が解決するまで、読者に魅力的な磁力を引き起こすペースの速い作品。」

「私は怪物ではない」という小説とは何ですか?

彼はWhatsAppメッセージに返信している間、ほんの一瞬、わずかXNUMX分で彼を見失いました。 そして、キケは姿を消した。 モールは客でいっぱいだったのに、誰も何も見なかった。 未成年者グループの主任警部アナ・アレンと彼女のチームが調査を引き継いだとき、彼らはすぐにすべての証拠が古い知人であるスレンダーマンを指していることに気づきました。

細身の男 -細身の男性、 ドイツ語で-それは、XNUMX年前、マスコミが二度と連絡がなかった子供であるニコラスの謎の誘拐犯にバプテスマを授けた名前でした。 この出来事はマドリッドでパニックの波を引き起こし、何時間ものテレビを消費しました。 今では、犯罪者が戻ってきたように見えました。同じタイプの子供、同じ年齢、同じ身体的同一性、そして同じ場所で姿を消したのです。 合計しなかった唯一のことは、スレンダーマンがほぼXNUMXか月間行動しなかったということでした。 彼はニコラスをずっと生き続けていたのだろうか?

その失敗はまだアナアレンを悩ませました。 また、チャンネルワンスのスターレポーターであり、成功した作家であり、ニコラスの事件を追ったイベント情報スペシャリストであり、現在はカイクの失踪を割り当てられているイネスグラウも心配していました。 二人は友達でしたが、目標と興味は大きく異なりました。 彼らはお互いに向き合うことになりますか?

カルマチャパロ

その作者は、確かにあなたにはなじみがあり、彼女がニュースを発表しているのを見たことはたくさんあります。 ジャーナリスト 毎日ニュースを提供することに加えて、現在Cuatro de Mediasetテレビネットワークで、雑誌のコラムを読むことができます。 寄付します, GQ y 今日の女性たち.

彼はいつも読書が大好きで、この趣味が彼に書くようにさせたと言います。 彼はYahoo!プラットフォームにブログを持っていて、私たちはそれを考えています 「私は怪物ではない」 それは彼の最後の小説ではありません。

昨年、この賞は、ルシア・エチェバリア、ローザ・モンテーロ、フアン・ホセ・ミラス、フアン・マヌエル・デ・プラダ、ユーズ・ラホズ、マキシム・ウエルタ、フアン・エスラバ・ガラン、カルロス・モンテロなどの作家に贈られました。

この受賞小説をすぐに手に入れたい場合は、 月21、公開される時期です。 そして、あなたは、この特定の賞と受賞者についてどう思いますか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。