童話を出版する方法:それを達成するための鍵

子供の話を出版する

児童文学が好きなら、子供向けの物語を考え出したことは一度ならずあるでしょう。 または、公開する準備が整った引き出しがいっぱいあるかもしれません。 しかし、子供向けの物語を公開するにはどうすればよいでしょうか。

あなたもその質問を自問し、それらを市場に出して読んでもらうためにできることをすべて知りたい場合 他の多くの子供たちのために、ここであなたが探しているかもしれない答えを提供します.

童話を出版する前に考慮すべきこと

子供の話を出版する

市場に出したい童話がすでにあると想像してみてください。 しかし、あなたは何をすべきかわからない。 それは公開されていますか? 出版社に送られますか? 個人売買ですか? 真実は、これらすべての質問を自問することになるということですが、それらは本当にあなたが自問すべき最初の質問ですか? 真実はそうではありません。

童話を出版するときは、次の点を考慮する必要があります。

使用言語

子どもの立場に立って、自分が本当に書いたことが子どもが理解できる簡単で簡単な言葉で書かれているかどうかを考えなければなりません。 語彙を減らすために、私たちが中に持っている幼児の子供を思い出して、物語が子供に適しているかどうか、または問題を引き起こす可能性のあるものがあるかどうかを知る必要がある場合があります。

これは、テキスト全体をよく確認する必要があることを意味します。 そして、できれば、あなたがその童話を書くことに集中した年齢まで、何人かの子供たちにそれを読んでもらいましょう。 そうして初めて、彼らがそれを気に入っているかどうか、または退屈だと感じているか、理解するのが難しいと感じているかがわかります。

画像

市場に出回っている童話を見てみると、ほとんどがイラストだらけですよね? 良い ストーリーを魅力的にしたい場合は、イラストも必要かもしれません.

さて、これは、自分で出版するか、出版社を信頼するかによって少し異なります (そして、出版社は図面を提供しますが、常に提供するとは限りません)。 初めての場合は、約 500 ユーロを投資する必要があります。 しかし、出版社であれば、図面の投資をカバーする可能性があります。

童話の出版方法

開いた本のイラスト

上記のすべてを完了したら、思い切って子供向けの物語を公開する方法を学びましょう。 それは非常にエキサイティングなものですが、 世界のすべての幻想と一緒に生きなければならないプロセス、 いつも見た目ほど美しいとは限りません。 だからこそ、その瞬間を楽しむために適切な措置を講じなければならず、それが問題であり、それが終わったことを望んでいるかのように考えてはなりません.

つまり、手順は次のとおりです。

サイト運営者を検索

児童書を出版する際にまずお勧めすることは、あなたの国に存在するすべての児童書出版社を調べることです。 しかし、それらをリストして連絡先にストーリーを送ってもらうだけではありません。 いいえ。

その前に、それを分析することが必要であり、強くお勧めします。 彼らがリリースする童話の種類、頻度、販売方法、および出版社についての意見をご覧ください。

面白いこともある 出版社に興味のある作家として情報を求めて彼らに連絡する: それらがどのように機能するか、原稿を受け入れるかどうかなど。 そして最後に、出版社の著者と連絡を取ることができれば、それはより良いことですが、これは最も複雑です. ただし、この方法では、誰が中にいるかについて別の意見を持つことができます。

その調査を行うと、ストーリーを送信する出版社の適切なリストが得られます.

もしくは自費出版

本の著者が十分に支払われていないことを知っているために出版社をスキップした場合、 自分でそれを自己公開することを検討できます。 これは大変な作業であり、何よりも、彼らにあなたに気づいてもらうのがより困難です. 多くの人に売り込むか、有名でない限り、最も普通のことは、その本は気付かれず、成功した場合にのみ販売できるということです。

ただし、エディトリアルであろうと自費出版であろうと、プロモーションはほとんどの場合自分で行う必要があることに注意してください。

原稿を提出する

イラストもあれば送ってください。 より良いプレゼンテーションを行い、そのストーリーを受け取る出版社の人が、それがどのように見えるか、彼らが働いている出版社でどれだけうまくいくか(またはうまくいかないか)についてのアイデアを持っているように、レイアウトさえも。

一人で行くことはお勧めしません。 つまり、6つ送信し、応答を待って別のものを送信する... XNUMXか月かかる場合があります(その日から、彼らはそれを受け入れていないと見なされます)。

このように、 一度に多数の発行者に送信し、少数の発行者からの返信を待つ方がよいでしょう。 忍耐強く武装する必要がありますが、良いことは、何人かが興味を持っている場合は、どの社説に掲載したいかを調べるために研究する提案があることです.

オープンブックデートストーリー

自分を宣伝する

選択した出版社によって、または自費出版する場合は、 多くの場合、プロモーションはあなたのアカウントで実行されます。 つまり、自分自身を知らせる必要があります。 このために、次のことをお勧めします。

  • 著者の Web ページを作成すること。
  • 本のウェブを作成すること。 特に物語の場合は、小さな子供たちがあなたを探して追いかけることができるからです.
  • 朗読会、ワークショップなどを開催。 あなたのことをよりよく知ってもらい、著者に会って署名した本を受け取ることができる活動。 このようにして、より簡単に購入するように誘うことができます。
  • 読書として学校でそれを提案します。 あるいは、本の日に向けて、学校に行って話をしたり、本を読んだりすることは、何か面白いことです.
  • 書店、文具店、おもちゃ図書館など、あなたの街や全国の店舗とのコラボレーションを探して、あなたの本を販売してください。

おわかりのように、童話の出版は難しくありませんが、成功するためには、少しずつ進んで自分自身を知らしめなければならない長い道のりです。 あなたの記事が出版社に却下されてもがっかりしないでください。 良いと思うなら、主張し続けるか、自費出版してください。 それが成功した場合、後であなたのところにやってくるのは出版社です。 あえて公開しますか?


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。