ロサ・リクソム。 大佐の女の作者へのインタビュー

ロサ・リクソム として生まれたフィンランドの作家兼アーティストです AnniYlävaara、エベルトーネオー、 1958。 彼の最新の出版された小説、 大佐の妻、初めてスペイン語に翻訳されます。 どうもありがとう あなたが捧げるのに数分あったこと このインタビュー その中で彼は彼の本、作家、そして新しいプロジェクトについて少し話してくれました。

ロサ・リクソム

彼は勉強した 人類学と社会科学 ヘルシンキ、コペンハーゲン、モスクワの大学で。 彼の両親はトナカイの飼育者であり、彼はさまざまなコミューンに住んでいました。 そして作家であることに加えて、彼女は 画家 y 映画監督。 彼は小説、短編小説、児童書を書き、スウェーデンアカデミーからフィンランド賞と北欧賞を受賞しています。 彼の作品はXNUMXの言語に翻訳されています。

大佐の妻

すでに老後のフィンランド人女性が、彼女の人生の物語を語ってくれます。 若い頃、彼に同情した大佐である父親の友人と恋に落ちた経緯 ナチズム、に巻き込まれた 暴力的な結婚 そしてヨーロッパが戦争の準備をしたので破壊的でした。

インタビュー

  • 文学の流れ: 最初に読んだ本を覚えていますか? そして、あなたが書いた最初の話は?

ロサ・リクソム: 私が最初に読んだ本は ムーミン本トーベ・ヤンソン。 彼は約7歳だったに違いありません。 そして、21歳で最初のストーリーを書きました。私はもうとても年をとっているように見えました! 

  • AL:あなたを驚かせた最初の本は何でしたか、そしてその理由は何ですか?

RL:それは 塗られた鳥、の Jerzy Kosinski。 本当に印象に残っており、今でもその気持ちを覚えています。

  • AL:あなたの好きな作家は誰ですか? 複数の時代から選択できます。

RL:今も生きている私の好きな作家はドイツ人です。 ジェニー・アーペンベック。 そして古典の中で、ロシアの作家 ニコライゴーゴリ.

  • AL:本の中でどのキャラクターに会って作成したいと思いますか?

RL:会いたい アンナ·カレーニナトルストイ作。

  • AL:書くことや読むことに関して、マニアはいますか?

RL:潜在意識を流してください。 

  • AL:それをするのに好きな場所と時間は?

RL:奥深く 。 私はそこで時間を過ごすのが大好きです。

  • AL:他に好きなジャンルはありますか?

RL:フィクションとノンフィクション。

  • AL:今何を読んでいますか? そして書く?

RL:私は読んでいます スプートニク、日本の村上春樹による1999年の小説。 そして、私は新しい小説に取り組んでいます。それはもうほとんど準備ができています。

  • AL:出版シーンは、出版するのと同じくらい多くの作家にとってどのように考えていますか?

RL:高品質の小説を過度に出版することはできません。 彼らはXNUMX年から次のXNUMX年まで生き残るでしょう。

  • AL:私たちが経験している危機の瞬間はあなたにとって困難ですか、それとも将来の小説のために何か前向きなことを続けることができますか?

RL: さて私は元気です。 私は新しい小説に取り組んでいるので、 集中 かなり。 ここフィンランドには素晴らしい森があります。 幻想的な自然 そして海は私の目の前にありますだから私が言うように、私は通常それらに書き、時間を費やします。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。