「ライトノベル」 日本を席巻している文芸現象。

西尾維新による「化物語」の表紙

西尾維新による「化物語」のアングロサクソン版の表紙からの抜粋。

ライトノベル»または«ライトノベル」(ラ イ ト ノ ベル ライトノベル、また呼び出す ラノベ  ラノベ)は 日本の典型的な文学の一種であり、最近まで西洋には完全に見えませんでしたが、それはその原産国の国境を越えて市場にギャップを開いています。 用語 "ライトノベル" それは わせいえいごつまり、日本でのみ使用され、その言語のネイティブスピーカーによって認識も使用もされない疑似英国びいきです。 したがって、何であるかを定義するための最大の問題が発生します ライトノベル名前自体が誤解を招く可能性があり、日本人自身でさえその意味に同意するのに苦労しているからです。

長さから「ライトノベル」と思われるかもしれませんが、そうではありません。 彼らは通常平均50.000語を持っています、これはアングロサクソンの小説とほぼ同等です。 一方、多くの人は若い聴衆に到達するための単純な語彙と文法を持っていますが、それはそれらすべての共通の分母ではありません。 この最後の点は興味深いです。なぜなら、«という用語を使用することが提案されているからです。ヤングアダルトそれらを定義するために、日本の出版社は、単一の人口統計に閉じこめられたくないので、消極的です。

最終的に、あなたはそれを理解する必要があります «ライトノベル»文学的な分類ではありません (「サイエンスフィクション」や「スリラー«)、しかしむしろの動きの結果 マーケティング 市場を独占している企業によって促進されています(アメコミ部門のDCとマーベルで起こることのスタイルで)。 すべてのライトノベルに共通する要素がありますが、それは決定的なものではありませんが、それらを認識するのに役立ちます。 マンガ風の表紙とイラスト (日本の漫画)。

ライトノベルの起源

「それは彼の自然な生き方のようで、彼の顔にその冷たい表情があり、教室の隅で読んでいます。 彼女の周りの壁を構築することに集中しました。

彼女がそこにいるのは自然なことであるかのように。

ここにいないのは当然のように」

西尾維新、«化物語、 モンスターの歴史。»

(自訳)

ライトノベルの歴史は 雑誌   ジャポネサス 10代から50代の間。有名なアメリカ人のように 奇妙な物語s(あなたが書いた HPラブクラフト)、ファンタジー、サイエンスフィクション、探偵小説の出版物でした。 それでも、これらの雑誌の作家は西洋の影響を受けていました(彼らは特に次のような作品を賞賛していました 水中旅行の20.000リーグ、ジュール・ヴェルヌ、および モーグ通りの犯罪エドガー・アラン・ポー著)。

この期間の日付から 黄金バット (1930)、長松武雄(バットマンやスーパーマンの前から歴史上最初のスーパーヒーローの一人と見なされていた)、そして探偵の冒険 ほむらそろく (1937-1938)、佐野宗一(アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズの影響をはっきりと受けている)。 また、そのような典型的な日本のジャンルの先駆けとして、«の話がありました魔法の子供たち«、または村山海田によるまどじでん(1916)のように力のある子供たち。

文化   戦後の日本で

1945年の第二次世界大戦の終結後、そして現代のマンガ、雑誌の誕生と一致しました   日出ずる国のキャラクターは独自の性格を持ち始め、全国のコミックマーケットと結びついた。 70年代までに、これらの雑誌の大多数は伝統的なイラストを放棄し、 マンガとアニメの美学 (日本のアニメシリーズ)。 一方、出版社は、視聴者が最も気に入ったストーリーを小説形式で出版し始めました。

スレイヤーズの第XNUMX巻

神坂一による「スレイヤーズ」第XNUMX巻「アトラスの魔術師」の表紙。

最初の大革命は、その後に続くすべての基礎を築き、 アルスラーン戦記 (1986年以降)、田中芳樹による壮大なファンタジー小説の物語、特に スレイヤーズ (1989-2000)、の決まり文句をパロディ化した 剣と魔術 伝統的。 後者は、スペインではとして知られているアニメーションシリーズに適応されました リーナとガウディ、90年代に放映されました。

新しい千年紀の到来

«—涼宮ハルヒと申します。 私は東高校から来ました。

この時点まで、それは正常に見えました。 彼女を見るために振り返るのは面倒だったので、私はまっすぐ前を見つめ続けました。 彼の声は続けて言った:

「私はささいな人間には興味がありません。」 このあたりに超常的な力を持つエイリアン、タイムトラベラー、または「エスパー」がいる場合は、彼らに私に会いに来てもらいましょう。 それで全部です。"

それは私を好転させました。

谷川流、「涼宮ハルヒの憂鬱」。

一部のタイトルの販売が好調だったにもかかわらず、ライトノベル市場は他の形式のエンターテインメントと比較して依然として非常に少数派でした。 しかし、2003年に彼のパノラマを永遠に変えた大きな打撃が来ました:の最初のボリュームの出版 涼宮ハルヒの憂鬱谷川流、サイエンスフィクション、ミステリー、超常現象の物語。

涼宮ハルヒカバー

『涼宮ハルヒの悩み』、谷川流作品第XNUMX巻。

この作家は前例のない成功を収め、後の作家が彼の足跡をたどるための扉を開き、出版社にこの芸術形式でビジネスを見せました。 2007年の第XNUMX巻 涼宮ハルヒ 売っていた 4万部以上、そして合計でそれらは印刷されています 16,5か国でシリーズの15万部、日本だけで8万人。

人気の高まり

城の窓から、翡翠の目が森の入り口で遊んでいる父と娘の小さな姿を見ました。

窓際に立っていた若い女性は、弱く見えたり、つかの間だったりすることはありませんでした。 彼女は軽くて柔らかいブロンドの髪をしていて、彼女の細い体格を包む古風なスタイルのドレスを着ていました。 […]暗いアインバーン城の冬の風景に合わないようだった人でした。

「何を見てるんだ、セイバー?」

アイリスフィールが後ろから彼女に電話をかけたとき、窓辺の少女は振り返った。

—森で遊んでいる切嗣とお嬢さんへ。」

虚淵玄、「FateZero」。

後に 涼宮ハルヒ、 それ自体で視聴者を獲得した他のタイトルが登場しました。 私たちはの場合を引用することができます フェイトゼロ (2006-2007)、虚淵玄著、 スリラー ダークファンタジー心理。 正確には、 2006年はライトノベルの台頭をマークしました、年々売り上げを伸ばし、若い日本人の世代全体(そしてますます他の国から)に読書の楽しさを発見してもらいました。

FateZeroのXNUMX巻

虚淵玄による「FateZero」全XNUMX巻の表紙。

作品と著者のリストは非常に長く、非常に多作になっている媒体では、それらすべてに名前を付けることは困難です。 コメディ、ドラマ、ロマンス、エロティシズム、サイエンスフィクション、ファンタジー、警察など、あらゆる好みのライトノベルがあります。 スパイスとオオカミ (2006)、支倉凍砂; とらドラ! (2006-2009)、竹宮ゆゆこ作; ソードアートオンライン (2009年以降)、川原礫作; いいえゲームいいえ生命 (2012)、榎宮祐; Re:ゼロ (2012年以降)、長月達平作。 このスバ (2012年以降)、暁なつめ作; 幼女戦記 (2013年以降)、CarloZenによる; または ゴブリンスレイヤー (2016年以降)蝸牛くも。 これらのすべてのサガは、その長い持続時間、多数のボリューム、およびさまざまなアニメーションシリーズに適応されていることによって推測することが可能であるため、特徴付けられます。

威厳のあるライトノベル

特別な言及は小説家の仕事に値する 西尾維新 (多くの場合、 西尾維新、彼の名前が回文であることを強調するために)、多くの批評家によって、ここ数十年でメディアの偉大な革新者の一人と見なされています。 彼のスタイルは、自己言及的であり、ドラマとコメディを混ぜ合わせ、第XNUMXの壁を繰り返し破り、長い対話、複雑なサブテキスト、そして強い性格、強い個性、複雑な心理学を持つ女性の主人公であることが特徴です。

「ああ、なるほど」戦場ヶ原はがっかりして呟いた。 機会があれば色んなことをやろうと思っていましたそれは悪い。

「それは私の後ろにある種のグロテスクな陰謀のように聞こえます...」

-失礼ですね。 私はちょうどあなたの/-の後に* ^そこに行きました。

「これらの記号はどういう意味ですか?!

—そして私はあなたを作りたかった これ y それ また。

「その下線は何を示唆しているのでしょうか?!」

西尾維新、«化物語、 モンスターの歴史。»

(自訳)

この多作の著者から、次のような作品を強調することができます 戯言 (2002-2005、ミステリー、サスペンス、殺人小説)、 カタナガタリ (2007-2008、剣のない剣士の冒険)そして何よりも彼の最大の成功:佐賀 物語 (2006年以来、それは文字通り「歴史」を意味します。これは、最も乱暴なマナーと最もワイルドなファンタジーが絡み合う一連の物語です)。

猫物語カバー

西尾維新による「猫物語白」のアングロサクソン版の表紙。

有望な未来

今日、数字を見ると、 ライトノベル市場は活況を呈しているビジネスです。 日本では広く確立されており、多くの編集者、校正者、作家、イラストレーターを雇用しています。後者は一般的に、Pixivなどのポータルの最も有名なグラフィックアーティストです。 人気のある作品の多くが英語に翻訳されているため、出身国以外では、アングロサクソン人の世界でますます多くの読者を獲得しています。 一方、彼らはスペイン語圏の市場に参入し始めていますが、臆病ではありますが、Planetaなどの翻訳で Re:ゼロ.

出版社がすぐにそれを理解することを願っています ライトノベルには聴衆がいます、忠実にも、そして その 他の読者よりも多く購入するという事実を大切にする 物理的な形式で あなたの好きな作品。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

12コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   フアンカルロスグズマン

    すべての良い、良い記事。 小説の読者として、私は本当に物理的に読みたいと思っていますが、それは手間がかかります。 実は、特に欲しいのは、ハイスクールD×Dでも有名なのに言及しなかったことです。 アジア以外の国では翻訳が難しい小説: 'v

  2.   MRRエスカビアス

    リアス・グレモリーの冒険はエキサイティングですが、それは私が話すことができた中で最も「家族に優しい」ことではないと思います(笑いを挿入)。

  3.   ボルトロメVL

    興味深い記事。 春日鈴美がアニメーションに革命を起こしたのは知っていましたが、ライトノベルがこれほど幅広い市場になるための出発点でもあるとは思いもしませんでした。

  4.   MRRエスカビアス

    研究をしたときも驚きました。 あなたがその記事を気に入ってくれてうれしいです。

  5.   JoelEstebanClavijoPinzón

    なんて良い記事でしょう。 ああ、Re:ゼロから始める異世界生活の小説を読むのをとても楽しみにしています。 私はすでに小説のウェブを読み始めましたが、キャラクターのイラストが入った本を手に持って、公園や自分の部屋で快適に読んでいるのと同じではありません...なんて残念なことでしょう。それは、日本では、翻訳者を雇い、この素晴らしいシリーズの市場を拡大するためにバッテリーを使わないでください。

  6.   M.エスカビアス

    ジョエル、あなたのコメントは大歓迎です。 😀

  7.   ロドリゴディアス

    この文学的な現象が世界を席巻することを願って、良い記事です!

  8.   M.エスカビアス

    おそらくそうです。

  9.   誰も

    そして私は尋ねます:

    なぜ日本のライトノベルだけに落ち着くのですか? つまり、欧米にはアニメをやりたいという人がたくさんいます(でもここには産業がありません)。 欧米ではマンガを作りたいという人がたくさんいます(でも、マンガを描くスキル、とりわけ出版する場所は、ほとんどの人の手の届かないところにあります)。 そして良い点は、西洋ではライトノベルを出版したいと願う人がたくさんいます(そして、少なくともオンラインで書くことはほとんど誰の手にも届くので、深刻な欠点はないことがわかります。あなたはただする必要があります日本のようにそれへの道を切り開く)。

    これが行われているかどうか、またはなぜ行われていないのか誰かが知っていますか? つまり、物理的な小説が出版されていないか、人々がまだお金を稼いでいるのは普通のことです。 しかし、オンラインは無料です。確かにスペイン語圏では、多くの人が望んでいます。 そして、これが成功すれば(明確な障害は見当たらない)、日本のようなものが出現する可能性があります。 そのようなプラットフォームがあり、ライトノベルなどを明確に公開している人はいますか? そうでない場合は、なぜないのか考えてみてください。

    ご清聴ありがとうございました

    1.    テオ

      それに最も近いのはWattpadです。これは、人々が自由に読んだり、どんなスタイルでも作品を公開するアプリケーションとWebサイトですが、画像がないため、この媒体でライトノベルを公開するのは困難です。

  10.   ルネ・ドリオテス

    特に私にとって新しいトピックであるため、非常に興味深い記事です。 私はあなたに答えてほしいトピックに関して2つの質問があります:
    1.「ライトノベル」は現代にのみ適用されますか、それとも古代日本を参照して書くことができますか?
    2.この種の市場に参入するには、日本人作家である必要がありますか?

  11.   ルネ・ドリオテス

    特に今まで私には知られていなかった主題であるための優れた記事。 XNUMXつの質問があります:
    1.「ライトノベル」は現在からしか作れませんか、それとも古代日本から作れますか?
    2.この種の文学の市場に参入するには、日本人の作家である必要がありますか?