ホセ・マヌエル・アパリシオ。 『Bellum Cantabricum』著者インタビュー

ホセ・マヌエル・アパリシオがインタビューに応じてくれました

ホセ・マヌエル・アパリシオ | 写真:著者のウェブサイト。

ホセ・マヌエル・アパリシオ 彼はビルバオ出身で、次のことに専念しています。 編集および編集コンサルティング 編集サービス局で ルーブリック、本の自費出版、普及、宣伝に特化しています。 彼は新聞にも寄稿している 20分 歴史小説ブログにて XX世紀。 彼はウェブサイトの担当者でした 世界の言葉、次のように機能しました 執筆コミュニティ また、スペイン語圏全域の著者の出版にも尽力しました。

彼はラモン・アルカラス・ガルシアの文学ワークショップの生徒であり、 歴史研究特にあまり知られていない時代や出来事について、彼は物語と XNUMX 冊の小説を書いています。 旗手、2016年に出版され、 ベラム・カンタブリクム、2020年に登場しました。 インタビュー 彼は、プロジェクトやその他のトピックに加えて、それらについて、そしてすでにいくつかの評価を獲得している彼のキャリア全体について語ります。 お時間をいただき、誠にありがとうございます。 そして私に仕えてくれる優しさ。

ホセ・マヌエル・アパリシオ — インタビュー

  • 旗手、2015 年の IV 国際歴史小説コンテスト シウダード デ ウベダの優勝者、および ベラム・カンタブリクム、 2020 年の Edhasa Historical Narratives 賞の最終候補者は、出版された歴史ジャンルの小説です。 彼に対するこの愛はどこから来るのでしょうか?

ホセ・マヌエル・アパリシオ: 私にとって、歴史に対する傾向を決定づける基本的な要素が常に XNUMX つあります。 家族旅行 子供の頃にとても楽しんだ記念碑的な都市とローマ映画へ、と入力してください。 ベン·ハー、私も両親や兄弟と一緒に楽しみました。 これら XNUMX つの一見基本的な事実は、私に大きな影響を与えました。

  • 最初に読んだ本に戻れますか? そして、あなたが書いた最初の物語は?

JMA: の本を懐かしく思い出します。 仙田 EGBで読み取られたもの、特に馬のもの クラビレーニョ。 私が最初に書いた物語に関しては、とても良い質問でした。 思い出せないというのが真実です。 可能性があります 南極での科学ミッションについての短編小説XNUMX代前半のことですが、それまでは短編小説や漫画にも手を出していたと思います。 探さなければなりません。 非常に不安になったので、その疑問を解消する必要があります。

  • 筆頭作家? 複数、全時代からお選びいただけます。 

気象庁: 私はここに残ります エドガー・アラン・ポー y ジュールヴェルヌ。 彼らは十代の私に大きな影響を与えました。 そして、若いときに起こったことは永遠に付きまといます。

  • 本の中のどのキャラクターに会って作りたいと思いますか? 

気象庁:お会いしたかったです。 皇帝アウグストゥス, 彼の大叔父であるジュリアス・シーザーが完了できなかった帝国のプロジェクトを完了した人物。 キャラクターの作成に関しては、私が考えたものであればどれでも大丈夫です。 そうでなければ、私は彼を本から追い出していたでしょう!

  • 書くことや読むことに関して、特別な趣味や習慣はありますか? 

気象庁:普段はこう書いています。 ムシカ常にではありませんが。 彼ですか 最も純粋な芸術 それは存在します。 創造するために必要な、あらゆる種類の感情を動員できるエンジン。

  • そして、それを行うためのあなたの好きな場所と時間は? 

気象庁:主に 私の事務所、できれば夜に。

  • 他に好きなジャンルはありますか? 

気象庁:最近、味をしめています。 ディストピア。 また、 ノンフィクションの物語 それらは私のお気に入りの一つです。 教訓的な性質のため、個人的な経験など。 そして時々、胸と背中の間にテストを置きます。

  • あなたは今何を読んでいますか? そして書く?

気象庁:読んでいます 刑務所、売春婦、銃について、マヌエル・アビレス著。 そして 1984、ジョージ・オーウェル著。 そして私は ローマ時代のドイツを舞台にした歴史小説を書く 紀元XNUMX世紀から。 c.

  • 出版シーンはどうだと思いますか?

気象庁: 良くも悪くもなく、その逆でもありません。 多くの編集が行われており、非常に異なる品質になっています。 注文の中でも多様性があるのは良いことだと思います。 もう一つは、たくさん売れるかどうかです。 原則として、 スペインは読書量が多い国ではありません, そのため、売上部数の多い作家はなかなか見つかりません。 いずれにせよ、誰もがストーリーをそのまま語ります。 大量に売れれば見通しは良好です。 少し売れたらチュロス。

  • 私たちが経験している文化的、社会的瞬間をどう受け止めていますか?

JMA: 文化へのアクセスの可能性はこれまで以上に高まっていると思います。 それまでは、いいよ。 しかし、私たちは次のような社会に生きています。 ラッシュが大きくなっている したがって、文化的欲求は満たされなければなりません。 手軽に消費できる商品。 文学の世界に目を向けてみると、まさにこの性急な消費を満たすことを目的とした、シンプルな文体の小説が数多くあります。 立ち止まって喜んでいる時間はもうありません。 それはあたかも私たちが文化へのアプローチを前進させると同時に後退しているかのようです。。 テイクイットアンドウェットのパラドックス。


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。