パロマ・オロスコ。 ファンタジージャンルの作家インタビュー

パロマ・オロスコがインタビューに応じてくれました

写真:著者提供。

パロマ オロスコ 彼は非常に多様な職業上のキャリアを持っています。 勉強 、ジャーナリストとして働き、の反対を勝ち取った 運営管理者、彼は新聞、ラジオ、テレビ番組を監督し、また、 広告 そしてフォーメーション。 しかし、私はいつも文章を書くことを夢見ていました。 彼女は次のことに情熱を注いでいます 日本 そして彼らの文化、そしてそれが彼らの作品に反映されています。 武士の一生の教え。 しかし、彼はさらに多くのファンタジージャンルのタイトルに署名しています。 ドラコニア, ピーターパンの影 o 海の王国。 これで インタビュー 彼は私たちにすべてについて少し話してくれました。私は彼が時間を割いてくれたことにとても感謝しています。

パロマ・オロスコ — インタビュー

  • 現在の文学: あなたは多くのタイトルを出版していますが、そのほとんどすべてが素晴らしいテーマで、若い読者を対象としています。 特別な理由はありますか? 

パロマ・オロスコ: 実のところ、私は特定の読者に向けて書くことを考えたことはありません。 私は幸運なことに、何らかの形で私の心に響いたことを書くことができました。 私にとってファンタジーのジャンルが大好きなのは、私にとって今日の世界には大量の魔法とファンタジーが必要だからです。

  • AL:最初の読み物を覚えていますか? そして、あなたが書いた最初の物語は?

PO: 母は私に最初の本『星の王子さま』をくれました。私は今も大切に持っていますが、そこには母が人生において本当に大切なことを書いていました。それは基本的に愛、自然、そして夢を追うという XNUMX つに要約されています。 読みながら、この結末はハッピーではないのではないかと思い、読み終える前に本を氷の上に置いた。 はい、文字通りです。物語がフリーズし、主人公が苦しまないように、それを冷凍庫に入れました。 すると母は、気に入らないことに向き合って、それを変えるほうがずっと良いと言いました。 そうやって、読んだ物語の結末を変えて書き始めたのです。 そして私は作家になりました。

  • AL: ヘッドライター? 複数、全時代からお選びいただけます。 

PO: 間違いなく、ボルヘス、ペドロ・サリーナス、ウォルト・ホイットマン、エミリーの詩です。 ディキンソン。 ディノ・ブッツァティ、エドガー・アラン・ポー、ビオイ・カサレスの物語。 の サルガリとジュール・ヴェルヌの冒険小説。 ポール・オースター、イタロ・カルヴィーノ、 エドガード・リーマスター…たくさんあります。

  • AL: 会ってみたかった歴史上の人物と、創作したとしたらどの文学上の人物ですか? 

PO: 封建時代の日本に存在した最初の武士、巴御前に会いたかったです。 私の小説『ロータスの娘』は彼女からインスピレーションを受けました。 間違いなく女性版シャーロック・ホームズを作ったら良かったでしょう。

  • AL:書くことや読むことに関して、特別な習慣や習慣はありますか? 

PO: 実のところ、私には書くことに関して特別な趣味はなく、おそらく歴史を記録するために新しいノートを開くことです。 私は永遠の笑顔を浮かべた母の写真をいつも持ち歩いています。 彼女は作家でもあり、しばらくの間亡くなっていますが、私たちはまだつながりがあるのではないかと思います。

読書をしたり、お茶を飲んだりして快適になるのが大好きです。 それは私にとって癒しのひとときであり、味わいたいものです。

  • AL:それをするのに好きな場所と時間は? 

PO: 選べるなら、朝早くか夜​​に書きます。 絶対的な沈黙が必要だ。 しかし、一日中いつでも、どこにいても、できるときにそれを行うことに慣れる必要がありました。 今では、私は日々のめまぐるしい風の中に小さなオアシスを作り、周囲のあらゆるものから自分を隔離することができる専門家です。 それは読書にも役立ちます。

  • アル:どんなジャンルが好きですか? 

PO: 私はマジカルリアリズム、SF、小説が大好きです。 冒険、詩、物語...

  • AL:今何を読んでいますか? そして書く?

PO: 今、読み直しています(二度読めない本は一度読む価値がないと言われます) 見えない都市イタロ・カルヴィーノ著。

そして、私は江戸時代の封建時代の日本を舞台にした別の小説を書いています。 それは魅力的な物語であり、私はその素晴らしい時代と文化に戻るのを本当に楽しんでいます。

  • AL: 出版シーンは全体的にどうだと思いますか?

PO: 私はこのテーマの専門家ではありませんが、私の観点から見ると、優れたタイトルを市場に投入するために多大な努力を続けているパブリッシャーが存在します。 スペインは読書がとても盛んな国だと思います。 私は編集者と出版社のエドハサにとても幸運でした。

  • AL: 私たちが生きているこの瞬間をどう受け止めていますか? 

PO: サムライ (ご存じのとおり、私は自分を現代のサムライだと思っています) は次のような表情をしていました。 残心、嵐の前の態度を意味します。 世界は混乱に陥っていますが、私たちは起こっていることに対する態度を選択できます。 私たちは、自分たちが思っていたよりも良い世界を残すために、自分たちの役割を果たし続けなければなりません。 そして何よりも 心の目を鍛える、星の王子さまが言ったように。


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。