ジャクリーン・ウィンスピア。 メイジー・ドブスの作者へのインタビュー

ジャクリーン・ウィンスピアがこのインタビューに答えてくれました

ジャクリーン・ウィンスピア写真: @Stephanie Mohan

ジャクリーン・ウィンスピア、 米国在住の英国人作家で、探偵を主人公とした人気ベストセラーシリーズの著者である メイジー・ドブス。 今、彼はここに最新の小説を発表しました。 白い嘘。 これで インタビュー 彼は一般的な多くの話題について私たちに話してくれます。 感謝します BR Comunicación の経営陣がこれを実現できるようにしてくれて、そしてもちろん、著者に対する注意と時間を費やしてくれて、BR Comunicación に多大な貢献をしてもらいました。

ジャクリーン・ウィンスピア—インタビュー

  • 文学現在: : 最初に読んだ本に戻ってもらえますか? それで、あなたが最初に書いた物語は?

ジャクリーン・ウィンスピア: それは一つでした 熱心な読者 女の子の。 毎週、私は母と一緒に地元の図書館に行きました。 初めてカードを渡されたのはXNUMX、XNUMX歳くらいだったと思います。 素敵でカラフルな本がありました メイベル・ルーシー・アトウェル。 大好きだったけど、すぐにどんな本にも行くようになった 馬について

私が書いた 私が持っていた男の子についての私の最初の長い物語 フラッシュバック 過去世から 彼は、庭のブランコで遊んで、どんどん高く登って勇気を試していると、別の時間と場所にいる自分を見ることができることに気づきました。 私はそれを「スウィングバック」と名付けました。 XNUMX歳くらいだったと思います。

  • AL: あなたに感銘を与えた最初の本は何ですか?またその理由は何ですか? 

JW: 私はどれにも感動したことがありません。

  • AL:好きな作家は? 複数の時代から選択できます。

JW: 私には「お気に入り」の作家はいません。ただ、尊敬する作家がたくさんいるだけです。 ジェーン オースティン fまで。 スコットフィッツジェラルド、アーネスト ヘミングウェイ、ジョン ステップの スーザンのような人も ハウウォッチ。 私が尊敬する現代作家はたくさんいますが、挙げきれないほどです。

  • AL:本の中でどのキャラクターに会って作成したいと思いますか? 

JW: 文学的な登場人物については、人に任せたほうがいいと思います。 想像力.

  • AL:書くことや読むことに関して、特別な習慣や習慣はありますか? 

JW: なし 特に真実。

  • AL:それをするのに好きな場所と時間は? 

JW: 私は好き嫌いはありませんが、人の前にいると 冬の夜に火が出る それはいつも素晴らしいことですが、どこでも読むことができます。

影響

  • AL: あなたの仕事に影響を与えたり、インスピレーションを与えたりした作家や本は何ですか? 

JW: 真実は、 ありません 私に影響を与えたり、インスピレーションを与えたりした作家はいません。他の人が私が賞賛するようなことをしている間、私は実際に現場に出て、自分のことをやります。

  • AL:他に好きなジャンルはありますか? 

JW: が大好き リハーサル思い出。 正直に言うと、これは私にとって初めての文学好きです。

  • AL:今何を読んでいますか? そして書く?

JW: 素晴らしい作品を終えたばかりです ジョージXNUMX世とエリザベス:君主制を救った結婚, de サリー・ベデル・スミス、彼は今日書いている最高の伝記作家の一人です。

たくさん 他の本 私が調査しているのはすべてです 私が書いている小説と関係がある もし私が彼らについて話したら、あまりにも多くのことを明らかにしてしまうでしょう。

出版風景

  • AL: 出版シーン/市場はどのようになっていると思いますか? 出版しようとしている作家が多すぎますか、それとも出版する方法が多すぎますか?

JW: 真実はそれです 本を出版して市場に出すプロセスは、その手段が変わっただけで、あまり変わっていません。。 私は、よく読まれている古い本を現代の感覚に合わせて再編集するという現在の風潮には納得できません。 さまざまな読み方に対応するために本が変更された場合、どうやって過去を把握し、どこまで到達したかを確認できるでしょうか? 

読者として「保護」される必要はない, 私は何を読むかについて自分で決めることができますし、たとえば 1950 年代に使用されていた特定の単語が現在では攻撃的である可能性があることを十分に理解しているのです。 しかし、それはすべて学習プロセスの一部であり、世界を理解する一部です。 検閲なんて必要ないよ, 気に入らないことがあれば自分に押し付けることもできます。

陽性

  • AL: 私たちが生きている現在についてどう思いますか? 今後の小説に何か前向きなことはありますか?

JW: 勉強 歴史は常に困難な時代があったことを教えてくれる。 第一次世界大戦、それに続く大恐慌、そしてスペイン内戦、そして第二次世界大戦を考えてみましょう。 次に、都市を再建し、人命、コミュニティ、そして大きな人的苦痛の多大な損失に対処するのにかかった年月を考えてみましょう。 私の作品では、それらの問題だけでなく、困難な時代を乗り越えた人々の強さとユーモアも引き出しています。。 私たち全員がまだここにいるということは、前向きになる理由です。

確かに、私たちは困難な時代に生きていますが、 喜ぶ理由はまだある、お祝いと人生を充実させるために。 毎日を最大限に活用するつもりで始めて、最後にポジティブなことすべてに感謝することが重要だと思います。 人生は続いていきますが、私たちがどのように前進し、それを理解するかは私たち次第です。。 だから私の小説には、戦時下を舞台にしてもポジティブな内容がたくさん含まれています。

英語翻訳: (c) Mariola Díaz-Cano


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。