AlhóndigaBilbao奨学金の第XNUMX版

さて、これに勝つためのXNUMX番目のチャンスはすでに進行中です ベア とてもジューシー、の手から ビルバオ市庁舎 との中心から アルホンディガ。 初版の勝者であるカタロニア語を忘れないでください クララタニット すでに彼の最初の作品を公開しています アスティベリ.

AlhóndigaBilbaoは、アングレーム国際コミックフェスティバル(フランス)の枠組みの中で、XNUMX回目のコミック奨学金を発表します。

*奨学金を受け取った人は、ヨーロッパで最も有名な漫画センターであるアングレームの「La Maison des Auteurs」(作家の家)にXNUMX年間滞在し、グラフィック漫画のプロジェクトに取り組むことができます。
*この奨学金を決定する審査員は、コミック界の著名人で構成され、全国コミック賞を受賞した有名な漫画家パコ・ロカが議長を務めます。
*現在、昨年の奨学金の受賞者であるClara-TanitArquéは、アングレームでの奨学金を楽しんでおり、AlhóndigaBilbaoのマネージングディレクターであるMarianEgañaが提供する記者会見に出席します。

ビルバオ、29年2009月XNUMX日。AlhóndigaBilbaoは再びコミック奨学金を楽しむ機会を与えてくれます。 これは、AlhóndigaBilbaoが創造を促進し、コミックの分野で新しい才能の出現を奨励したい助成金です。 これを行うために、それはXNUMX年連続で今年授与されるコミック奨学金を作成しました。それはその芸術的価値と革新的な性格のために選択されたプロジェクトの実現に資金を提供したいと考えています。

AlhóndigaBilbaoは、明日金曜日にアングレーム(フランス)のCiudad InternacionaldelCómicでこの奨学金を発表します。この奨学金は、最近、グラフィックの歴史の国際フェスティバルを祝っています。 昨年の祝祭では、250.000万人近くが集まりました。

この実体、Ciudad InternacionaldelCómic、特にその「La Maison des Auteurs」(著者の家)は、この奨学金を授与する際にAlhóndigaBilbaoと協力しています。

アングレームの作家の家は、フランスにある国際的に認められた名声の中心であり、コミックやその他の視聴覚芸術(アニメーション映画、ビデオゲームなど)を専門としており、好ましい労働条件を提供する作家を歓迎しています。その中であなたのプロジェクトを実行することを目的として、創造のために。

La Maison des Auteurs de Angoulemaは、2002年のオープン以来、フランスやその他の国から、新人とプロの両方のXNUMX人以上の作家を迎え、コミックやグラフィックストーリーテリングに関連するプロジェクトを開発してきました。 これらすべての作者は、画像を作成するために必要な資料(コンピューターステーション、製図板、スキャナーなど)を備えた、個人または集団のワークショップからの無料の機器フレームワークの恩恵を受けています。
奨学金の受給者は、コンピューターや複写室、ドキュメンテーション室、展示会、会議室などの共有スペースも利用できます。

奨学金の寄付

AlhóndigaBilbao-Cómic奨学金には以下が含まれます。

*最大XNUMXヶ月間のアパートでの宿泊(仲間に代わって電気、ガス、水道)。
* La Maison desAuteursの機器とすべてのサービスへのアクセス。
*最大XNUMX年まで月額XNUMXユーロ。
*AlhóndigaBilbaoは、単独で、または専門の出版社と協力して、奨学金の終了の翌年にプロジェクトを出版する可能性を検討します。 出版物が作成された場合、バスク語とスペイン語になります。

AlhóndigaBilbao-Cómic奨学金に応募するには、候補者は次の要件を満たしている必要があります。

* 18歳以上で、スペインに居住し、公式センターで勉強していません。
*紙またはデジタル形式で作品を正しく視覚化できるコミック作成プロジェクト(バスク語またはスペイン語)を提示します。

プロジェクトの提出期限は14年2009月2009日で、審査員の決定は2010年XNUMX月に発表されます。奨学金の受領者はXNUMX年XNUMX月から滞在を開始します。

裁判官

選考を行う審査員は、漫画家、脚本家、この分野で認められた名声の専門評論家で構成され、最近全国漫画賞を受賞したパコ・ロカが議長を務め、その一部となります:アルバロ・ポンス、ファンManuelDíazdeGuereñu、Paco Camarasa、JoséIbarrola、AntonioAltarriba。

AlhóndigaBilbaoによるこのイニシアチブは、コミックと現在活況を呈している他の視聴覚トレンドの両方に関連するイニシアチブを促進するために、「CitéinternationaledelaBandedessinéeetdel´image」と署名された広範なコラボレーション契約の一部です。

アングレームの「LaMaisondesAuteurs」

1974年の最初の国際コミックフェスティバルの創設以来、アングレームは第9回芸術の首都としての地位を確立してきました。
このイベントの過程で、さまざまな構造(国立コミックストリップセンター、アニメーション映画貿易学校)が、都市とその地域の永続的なダイナミクスの出現を支持してきました。

アングレーム在住のイメージクリエーターやアングレームへの定住を希望するイメージクリエーターを具体的にサポートするため、2002年XNUMX月にオープンした「La MaisondesAuteurs」を制作。

「LaMaisondes Auteurs」の目的は次のとおりです。

*作成に役立つ作業条件を提供し、著者がその中で専門的なプロジェクトを実行することを歓迎します。
*展示会やイベントを通じて、コミック、アニメーション映画、マルチメディアの分野での創造のショーケースを提示します。
*技術およびドキュメンタリーリソースのセンターを提案します。
*会議や交換のための場所を構成し、
*作者の法令を保護し、芸術的創造の分野で知的財産を守るのに役立ちます。

開館以来、House of Authorsは、フランスや、ケベック出身のJimmy Beaulieu、アメリカ人のRichard McGuire、Jimmy Johnson、ロシアのNikolaïMaslovなど、さまざまなクリエイターや若い才能、さらには確認済みの作家を歓迎してきました。

scholarship_comic_02


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ゴンサロ・ララC

    コミックは歴史上最も重要な現代美術であり、私たちが現在住んでいるこの混沌とし​​た不寛容の状況で有用な気晴らしと娯楽を生み出すため、市場に印象的でダイナミックな文化を生み出し、ますます多くのフォロワーを魅了しています。
    私はこのアートのクリエイティブアーティストであり、個人的な作品を公開したいと思っているので、これを送信します。